読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人抜きでは生きられないことを教えてくれる ”ゼロからトースター作ってみた結果”

 

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

 

 

□内容の簡単なまとめ

イギリスの芸術系の大学院の卒業制作で”ゼロ”からトースターを作ってみたその体験記と作っているうちに感じた現代社会への考察を綴った一冊。

ちなみに筆者はTEDでこの経験をプレゼンしている。

 


Thomas Thwaites: How I built a toaster -- from scratch

 

すごいのは本当にゼロからトースターを作っていることだ。ここでいうゼロとは、材料が自然に存在している状態から加工して作ったということ。

つまり、鉄は鉄鉱石を製錬して得たし、銅は銅が大量に溶けている水を電気分解して得ている。プラスチックはジャガイモから作ろうとチャレンジもした。

このトースタープロジェクトにおいて、筆者はルールをいくつか決めているのだが卒業制作に間に合わせるためにそのルールを破っちゃうのが人間らしい。

 

□読んで感じたこと

 

●人は一人で生きられない

ゼロからトースターを作ろうとしたのはどうも初めはただの思いつきだったように感じる。

つまり何となく、トースターにしたのだ。ところが実際にトースター作りに四苦八苦している中でなぜトースターなのかを手を動かしながら、様々なフィールドに出ながら実感し、考えている。最後にはたった4ポンド(500円程度)で買えるトースター一つですら人類のこれまでの叡智や苦労の積み重ねであり、そこには膨大な人間や資源エネルギーが掛けられており、その過程で人類がどれだけの環境負荷を生んできたかを実感している。

身近な、ワンコインで買えそうなトースターですら現代人一人だけで作るころは難しいのである。

 

モノにあふれている今だからこそ、モノを作ることの大変さ、そこに隠れている環境や他人への影響を実感するために、みんな一度トースターを作ってみるといいと筆者は進めている。

 

●行動しているうちに”何となく”の理由がわかる

最初に書いたように、トースターを作り始めたのは”何となく”であったように感じる。

だが行動しているうちにその”何となく”の理由がわかり、自信を取り巻く生活への考察が行われている。

これは、誰にでも当てはまることだと思う。何となくやりたいと思ったことの理由はやってみたらわかることが多い。

問題は最近その何となくを認めない人が多いような気がすること。常になにか明確な理由がないと認めないといった風潮があり、理由をつけて始めるとその理由に引っ張られてこれじゃない感がある。

もちろんビジネスの世界なら明確な理由は必要だけど、個人的なことにまでこういうことを求められすぎている気がする。

やらないと分からないことって案外多いし、そこから得られるモノも多いのにね。