読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方ならただで家が手に入る? ”0円で空き家をもらって東京脱出”

 

0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 

 ■ 簡単なまとめ

 

東京で漫画を描きながらバイトをして生計を立てていた筆者が一念発起して尾道へ引っ越して、タダでもらった空き家を修理したり、地域で新しく仕事を始めたりする移住体験記。

 

特に知人がたくさんいるわけでもない、尾道で四苦八苦しながら家を改修する様子や、尾道に移住したからこそ変わった時間の使い方など、田舎への移住がどんなものなのか、その一部を漫画で視覚的にもわかりやすく描いている。

 

■ 感想 自分にあった生き方は?

 

著者は東京での生活に言葉にできないような焦燥感のようなものを感じており、最終的にエイヤ!っと当時付き合っていた彼女(現在では結婚して奥さんになったそう)と尾道への移住を決めた、

 

実際に移住してみると住むことになった家は東京では住めないくらい広く見晴らしのいい場所であった。小さい坂道しかないから車がはいれないのだけども。

 

ちなみに家自体はタダでもらったが行政上の手続きで30万弱かかったそう。(金額はあいまい)

 

長らく人が住んでいない家は傷んでいるところも多いので著者と奥さんは、NPOの助けも借りながら漆喰を塗りなおしたりトイレを新しくしたりとDIYで家を自分が住みやすいようにリフォームしていく。

 

同時にNPOの人から仕事なにする?と言われかねてから自分がしたかった卓球場を作ったりゲストハウスの管理人をやったりと地域に少しずつ根を下ろしていく。

 

その生活は間違いなく東京ではできるものじゃなくて、おそらく著者は東京よりはるかくに自分の好きなように生きているのではないだろうか。

 

多分著者自身は尾道に移住したらそんな生活ができるとおもって移住したわけではないと思うが、結果として自分が生きたいように生きられるようになったのだろう。(東京での生活がそうでなかったとは明言していないが)

 

自分が生きたい人生とはどんなものでどこで、何があって、誰がいて、どんな人たちがいて、そんな自分の人生に必要なものを著者に感情移入しながら読んでみると自分の今の生活に足りないものが見えてくるかもしれない。

 

ちなみに、日本の空き家率は年々上昇しており、そのためこの著者のように家をただで手に入れられる地域も少なくないそう。

地域によるが可処分所得は東京よりもそうゆう地方に移住した方が多い例もあるようなので、東京で消耗するくらいなら移住した方がいい場合も少なくないかもしれない。