読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実践してみた。 運動を日常にとりいれる

■はじめに なんのために本を読むのか?

 

本を読む理由は人それぞれなことは分かってます。

ある分野の知識を仕入れたい。新しい考え方を取り入れたい。○○のノウハウを知りたい。空想の世界を楽しみたい。

人によって、何をなんのために読むか千差万別です。

 

ですが、私が思うに何も得れない読書は無意味ですし、やはり沢山のものを得られた方が有意義な読書だったと言えるでしょう。

ではどんな物を得られたら有意義な読書だったといえるのでしょうか?

 

当然読書をする目的にもよるのですが、私は自分の生活や、考え方が習慣レベルでいい方向に変わったらそれが一番いい得られたものだと思います。

 

ですが、そのためには本を読むだけで不十分です。本を読んで知識を得るだけではなく、実際に実行して自分の体で感じないと分からないことも沢山あるからです。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶといいますが、どれだけ学んでも実行できなければ意味はないでしょうし、言葉によって伝達できる情報などごく僅かですので、百聞は一見にしかずという言葉が示してるように、歴史(つまり他者の経験を言語化したもの)から学べることには限度が有ります。

 

■実行していくにしてもどうやって?

 

では、どうやって実行して定着していけばいいのでしょう?

この答は人それぞれでしょう、性格や、その時の経済状況、余暇の時間の有無、個人の置かれてる状況は千差万別でこうすればいい!という解はないでしょう。(それでも比較的ユニバーサルに上手くいく方法としてコーチングなどの方法論が発達したのでしょう)

 

この実践してみたシリーズは私が本で学んだことを実行し、身に付ける過程を記録し、振り返ることで、新しいことを学び身に付けていく過程をブラッシュアップする目的でつけていきます。

 

■何をするのか? 一生ものの運動習慣を身に付けたい。

 

というわけでだらだら書いてきましたが、始めにやることは運動習慣を身に付けることです。

 

何故これなのか?は次回に